無名の運転手の日記 T

[編集]
【掲載月】 2001年5,6,7,8,9,10,11,12月/2002年2,3,4,7,8月/2003年4,5,6,7,9,12月/2004年4,5,10,11,12月/2005年2月
2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
* 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月
* 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月
* 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月
* 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月
5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月
6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月
7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月
8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月
9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月
10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
2001年 9月

 1
 日記
 2  3  4  5  6  7  8
 9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
日 付題 名
9月 1日(土) コミュニケーション・・・。



  2001年 9月 1日(土)   コミュニケーション・・・。
ここの所、景気の影響でお客様の数が激減してしまった。
いつものように、帰庫をして車を洗っていると、私が一番尊敬している、営業所の大先輩が声をかけて下さった。

先輩「どうですか?稼げましたか?」
 私「いいえ、サッパリです。」
先輩「どういう場所を流していますか?」
 私「渋谷ばかりです。」
先輩「少し、別な場所へ行ってみると、また違って来ますよ。」
 私「でも、他の所は、道が分からないので・・・。」
 
東京の街は広い。
実際、道が分からない場所で手を挙げられると、こちらがお手上げ状態になってしまうことが多い。
そこの土地のお客様にとっては、当然常識の地名が分からないのである。勿論、裏道も知らない。それで苦情を言われることも多い。
「プロのくせに、道も知らないのか!」と、罵声を浴びせられることも有る・・・。
それで、ついつい、ある程度道を知っている、渋谷近辺で営業を続けているのである。

先輩「どんどん知らない場所へ行ってみたらどうですか?お客様とコミュニケーションを図りながら、道を覚えていくのですよ。」

この何でもない言葉が、私には大変有り難かった。
今までは、知らない場所へ行くことを避けていた。 
「嫌な思い」をすることを、避けていた。
そういう場所でも、何とかお客様と「コミュニケーション」を続けて、気持ち良く、道を教えて頂けるようにする努力が必要であることを、大先輩は私に教えて下さった。
それが「コミュニケーション」なのである。
自分が苦手と思う人や、嫌だと思うような人達とも、「コミュニケーション」を図る気持ちが大切である。
「嫌だ、嫌いだ、付き合わない」では、寂しいと思う。
意外な面を発見して、好きになれるかも知れない。
そういう人達とも、「コミュニケーション」で仲良くしたいモノである。
[index]
CGI-design