無名の運転手の日記 T

[編集]
【掲載月】 2001年5,6,7,8,9,10,11,12月/2002年2,3,4,7,8月/2003年4,5,6,7,9,12月/2004年4,5,10,11,12月/2005年2月
2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
* 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月 1月
* 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月 2月
* 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月 3月
* 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月 4月
5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月 5月
6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月 6月
7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月 7月
8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月 8月
9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月 9月
10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月 10月
11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月 11月
12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月 12月
2004年 12月

 1  2  3  4
 5  6  7
 日記
 8  9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
日 付題 名
12月 7日(火) Happy ・・・。



  2004年12月 7日(火)   Happy ・・・。
一見して外国の方と思える男性が手を挙げておられた。
目的地は少し離れた場所である。
車中ではお客様と日本語と英語を交えて会話をしていたが、日本語も英語もやや不自然で理解しがたい所がある。
発音が英語のNative speakerとは思えない。
お国を伺ってみるとフランスの方であった。
日本に住むようになってから26年になり、奥様は日本の方であるという。
英語も日本語も約50%程度が理解できる状態だそうである。
この方のお仕事は画商で日本人の奥様は画家として油絵(風景画)を描いておられるそうである。
不思議なことに私の乏しい英語でもかなりのcommunicationが出来ていた。
目的地に到着すると、「用事はすぐ済むので少し待っていてくれ」とのことであった。
そしてご用事が済んで再びご乗車になった。
最初にご乗車になった場所に戻られる途中、車内では更に会話は弾んだ。
画家である日本人の奥様はご主人以外の方とは誰ともお話をされないと言う。
電話も大嫌いだそうである。
一日中、キャンバスに向かって絵を描いておられるという。
「彼女が喋ってくれるのは僕だけなんだ。だから私はHappy・・・。」
お二人は絵を通じて固い絆で結ばれているのだと思う。
だからお二人はHappy・・・。
[index]
CGI-design