Diary 2015. 1
メニューに戻る
1月23日 (金)  停止

数ヶ月前からパソコンの調子がおかしくなっていた。突然「Internet Explorerは動作を停止しました。問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。プログラムは閉じられ、解決策がある場合はwindowsから通知されます。」という表示が出てInternet Exploreは動作を強制終了する。最近になってその頻度が多くなったので、昨日は丸一日をかけて原因を調査した。その結果として判明したのは日本のメガバンクがインストールを推奨しているセキュリティ対策ソフトだった。「Rapport」というソフトをインストールした頃から調子が悪くなっていたのだった。ここに辿り着くまでに随分と試行錯誤したが、まさかメガバンク推奨のセキュリティソフトがPC不調の原因だとは思わなかった。共通しているのはJavaを使用しているWebページを開くと「Internet Explore」が異常終了をする点である。他のページでは現象が出ない。このことからJavaを中心にアドオンを調べたが現象は解決しなかった。最後の最後に試したのが「Rapport」のプログラムの動作停止である。何故、アンインストールではなくて動作停止にしたのか。理由はアンインストールをした結果、Windowsが起動しなくなったという報告が有ったからである。起動しなくなると困るので、セキュリティソフトの動作を停止させることで様子を見ることにした。「Rapport」を停止させるとパソコンは起動も早くなるしInternet Exploreの動作も快調になった。本当はプログラムをアンインストールしたいのだが、今よりももっと悪い結果をもたらしそうなので、このままプログラムを留まらせておくことにする。


1月20日 (火)  

実際にURLを変更したが、これには大きな戸惑いが付いて来る。従来の http://www.fujiko-fan.com/ からのリンクを辿るサイト訪問者を、新しいドメインサイトに誘導しなくてはならない。
今回、fujiko-fan.com のドメイン使用中止を決めたのは、いつまでも fujiko の表記を使い続けることが当サイトにとってデメリットを招くと思われたからである。
サイトの適正化という問題も解決する必要があった。
同じページが複数のURLで表示されることは、サイト利用者にとって混乱をもたらす不利益となる。サイトの閲覧者が複数のURLに分散することは、当サイト全体に大きな不利益をもたらすことだろう。
最終的には一つのURLで一つのページを表示したいが、これにも多くの問題がある。
今回のURL変更が吉と出るか凶と出るか、その結果は数ヵ月後に判明する。


1月19日 (月)  

ホームページのタイトルを変更することにした。
今までの「フジコ・ヘミング を語るファンのホーム」の先頭に「Fuzjko Hemming」を付け加えることにした。変更後のサイト名は「Fuzjko Hemming フジコ・ヘミングを語るファンのホーム」となる。フジコさんのお名前は「Ingrid Fuzjko Hemming」なのだが、「Ingrid」まで加えるとサイト名としてはあまりにもあまりにも長過ぎると思う。 それと共にサイトのURLを fuzjko-fan.com に変更する方針である。従来は www.fujiko-fan.com を使って来たのだが、フジコさんが「fuzjko」を使われるようになってから fujiko-fan に違和感が生じていたことは否めない。
問題は fuzjko-fan のドメインの取得である。ドメイン名を変えるのは簡単ではない。一時的なデメリットも考えられる。然しながら変更するメリットもあるので、新年を迎えて思い切って決断をした。
いきなり新しいURLに変更すると問題が生じることから、今後1年程度の期間は従来の www.fujiko-fan.com も使えるようにしておく。「フジ子のカレンダー」も「フジコのカレンダー」に変更するべきなのだが、そこは何となく残しておきたい気がしている。私が最初に読んだ本は「フジ子・ヘミング 魂のピアニスト」である・・・。


2015/1
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

前月     翌月