Message Room    

新規発言 | 一覧 | 過去【Picture】 | 【Diary】 | 【past-bbs】 | 【フジ子の庭園】 | 【フジ子の庭園U】 | 【新・楽書きの木】 | 【旧・楽書きの木】 | 検索

スレッド

└◇357:
2009.4.21 〜 雨の池袋 〜 [たかし] 04/22 02:20

 └◇358:オンシジュームの陰に・・・。 [たかし] 04/22 04:49
  └◇359:Re:オンシジュームの陰に・・・。 [はっつみぃ?] 04/29 15:44
   └◇360:ありがとうございます・・・。 [たかし] 04/30 07:58<-last


357● 2009.4.21 〜 雨の池袋 〜[ たかし ] 2009 04/22 02:20
2009年4月21日 東京芸術劇場 心のリフレッシュコンサート 第3回公演

 《イングリット・フジコ・ヘミング 動物愛護チャリティコンサート》

 平日の帰宅ラッシュを避けて少し早めに開演時間が設定された心のリフレッシュコンサートは、今年で第3回目となる。
 公演の入場料の一部は複数の動物愛護団体に寄付されるそうである。
 フジコさんは動物たちを救うために今日も渾身の演奏をされることと思う。 
 私は18:00の開場時間よりも前に池袋に到着したが、既に雨は降り始めていた。
 天国まで続くような長い長い自動階段で大ホール入り口に到着すると、大勢の人々が今か今かと開場を待ちわびて並んでいた。
 そして大ホールの中に入ると、最初にステージの華やかさに目を奪われてしまった。
 フジコさんの演奏ステージに花が飾られることは多いけれど、この日のステージは特別に鮮やかに感じられた。
 そしてしばらくしてから、フジコさんと華道家の假屋崎省吾氏とのコラボレーションが実現されていたことを私は知ったのであった。

 


              【プログラムの紹介】

《ドビュッシー》      ベルガマスク組曲から「月の光」
                版画から「雨の庭」

《L.V.ベートーヴェン》 ピアノソナタ第14番 嬰ハ短調「月光」Op.27-2

《ショパン》   ノクターン 第2番 変ホ長調 Op.9-2
         ワルツ第1番 変ホ長調「華麗なる大ワルツ」 Op.18
         ワルツ第6番 変ニ長調「小犬」Op.64-1 
         12の練習曲 Op.10から第3番 「別れの曲」
         12の練習曲 Op.25から第12番「革命」

                 === 休 憩 ===



《バッハ》    主よ人の望みの喜びよ
         アリア

《リスト》    3つの演奏会用練習曲から変ニ長調「溜息」
         「春の宵」
         パガニーニによる超絶技巧練習曲集から第6番 イ短調
                      第3番「ラ・カンパネラ」

            ◎◎◎ アンコール ◎◎◎

【連弾】共演:大月礼子 
             映画音楽より「引き潮」
             ラヴェル「おとぎ話への序曲」
             ブラームス ハンガリー舞曲第5番
                   ワルツ

 追加 アンコール曲(フジコ・ヘミング独奏)

《ショパン》      ノクターン 第1番 変ロ短調 Op.9-1
《ベートーヴェン》   「テンペスト」第3楽章
   
 【花】 假屋崎省吾 (作品の画像掲載については假屋崎省吾氏よりご了承を頂きました)
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


358● オンシジュームの陰に・・・。[ たかし ] 2009 04/22 04:49
東京地方は本降りの雨が予想されていた。
3月の末から腰痛に悩まされていた私の心にも雨雲が漂っている。
この日のフジコさんのご衣裳は翡翠色で、真っ赤なショールとコントラストが良く映えていた。
そして後ろにはオンシジュームの黄色が・・・。
第一曲目の「月の光」では、フジコさん独特の「余韻」が私の心に深く届いた。
私が欲する間だけ余韻が心地よく続くのである。
フジコさんの演奏によるベートーヴェンの「月光」は、以前から是非聴いてみたいと思っていた曲である。
目を閉じて演奏を聴きながら、フジコさんが幼い頃に母が奏でるこの曲を聴いておられたことに思いを馳せる。
私が聴いているのはフジコさんの「月光」である。
第二部ではグレン・グールドのCDで聴いたアリアが奏でられ、私の胸には万感の思いが押し寄せてきた。
そして「パガニーニによる超絶技巧練習曲集 第6番 イ短調」でフジコ・サウンド・シャワーを全身全霊に浴びた後には、魂が青空に吸い込まれていくような「ラ・カンパネラ」・・・。
聴衆は感謝の心で大きな拍手を送り続ける。

大月礼子さんとの連弾は、私たち聴衆を存分に楽しませて頂いたと思う。
これからもお二人の連弾で様々な曲を聴かせて頂きたいと思う。
そして最後に假屋崎省吾氏がフジコさんとご一緒にステージに登場された。
私たちは心から、力いっぱいの拍手をお二方に送った。
それからフジコさんはアンコールに応えて更に二曲を演奏して下さった。
ノクターン Op.9-1とベートーヴェン「テンペスト」である。
私の心は雨に洗い流されていた。

すべての演奏が終わって聴衆が帰路に着くとき、ある方のお話が私の耳に届いてきた。

「先日亡くなった私の猫が、ステージに飾られた花の陰に見えていたの・・・。」

オンシジュームの陰でフジコさんの演奏を、沢山の猫たちが聴いていたことでしょう。
ビョンビョンもメイちゃんも、そして・・・。

フジコさんの演奏は日々、バージョンアップしている。
最新の演奏を聴くことが出来るのは私たちの喜びである。
外に出ると雨は本降りである。
私の心は晴れていた。
腰の痛みが消えない間に、人の痛みが分かるようになりたいものだと思う。

           【 完 】 
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


359● Re:オンシジュームの陰に・・・。[ はっつみぃ? ] 2009 04/29 15:44
はっつみぃ?です。
たかしさん、21日のコンサートは聴きに行くことができたようで何よりです。
はっつみぃ?は3月終り頃チケットの申し込みをしようとしたところ、「売り切れました」と断られてしまいました(涙)。
行けなくて残念でしたが、この掲示板で当日の様子が手に取るようにわかった気がします。
この日も、愛情に満ちたフジコさんの音色が会場を包んでいたのですね!
ベートーベンやパガニーニ6番などは、フジコさんのコンサートでは聴かずには帰れない曲になっている気がします。

先日4月6日のコンサート会場で、フジコさんの弟さんで、俳優のウルフさんが雑誌「宇宙船」でインタビューで答えているという情報を入手し、早速買ってみました。
台本通りにしゃべるとつまらないので適度にアドリブを入れたり、声を変えてみたり、常識にこだわらないサービス精神旺盛で個性的なウルフさんを見て、フジコさんとそっくりだな、と思いました。

次回のフジコさんのコンサートではみんなが元気な姿で再会できますように。たかしさんの腰が早く良くなりますように
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


360● ありがとうございます・・・。[ たかし ] 2009 04/30 07:58
はっつみぃ?さん、皆さん、おはようございます。

私の腰痛について皆さまに大変ご心配をいただきましたが、お蔭様にて大分良くなりました。
今日もこれから病院に行くところです。
先日の先生のお話では、全快までには半年ほどかかるだろうということでした。

4月21日の公演では、ウルフさんのお姿を見かけませんでした。
例の「ブラボー!!!」の掛け声が聞けないのは、寂しい思いがいたしました。
あの部分は楽曲の譜面に載っているはずだと思うのですが・・・。(−−;)
ウルフさんとフジコさんとは大変に似通った気質があります。
特にサービス精神については、フジコさんのアンコール演奏曲の多さにそれが現れていると思います。
先日の公演ではフジコさんがマイクを持たれてトークをされましたが、聴衆の皆さんも喜んでおられました。

またウルフさんを囲んで皆さんとお目にかかりたいと思います。

はっつみぃ?さん、皆さん、このたびはご心配をいただきましてどうもありがとうございました。

その日まで・・・ではでは。
コメントを書く(引用) | スレッド一覧

CGIROOM