Message Room    

新規発言 | 一覧 | 過去【Picture】 | 【Diary】 | 【past-bbs】 | 【フジ子の庭園】 | 【フジ子の庭園U】 | 【新・楽書きの木】 | 【旧・楽書きの木】 | 検索

スレッド

└◇373:
6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜 [たかし] 06/12 12:54

 └◇374:Re:6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜 [としこ] 06/14 20:10
  └◇375:Re[2]:6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜 [たかし] 06/14 21:33
   └◇376:Re[3]:6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜 [櫻] 06/15 17:04
    └◇377:Re[4]:6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜 [たかし] 06/15 19:01<-last


373● 6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜[ たかし ] 2011 06/12 12:54
新車の香りを思い起こさせるような今年の4月に開設されたばかりの真新しいホールの1階席で、私はフジコさんがステージに登場されるのを待っていた。
会場入口では公演内容の変更に伴う差額の払い戻しが実施されていた。
あの日を境にしてすべてが変わった。
当初予定されていた「スペイン・カメラータ21オーケストラ」との共演は、諸般の事情により楽団員の来日が困難となった。
フジコさんの強い希望によりチャリティコンサートとしての「ピアノソロ コンサート」が実現したのである。

当初予定されていたオーケストラとの共演日程は以下の通りであった。

6月8日 (水)新潟公演:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
6月10日(金)八王子公演:オリンパスホール八王子
6月12日(日)神戸公演:神戸国際会館こくさいホール
6月15日(水)東京公演:東京オペラシティコンサートホール

お気付きのように東京以外の公演地では過去に大震災が発生していたのである。
今になってみると「チャリティコンサート」は以前からプログラムされていたフジコさんの使命だったのかも知れないと思う。

「東日本大震災チャリティコンサート」でフジコさんが巡る地区の方々にもフジコさんの演奏がレクイエムとなることを・・・。

第一部ではプログラムに載っていなかった曲が追加演奏された。
ショパン:エチュード イ短調「木枯らし」である。
この演奏からはフジコさんの今の思いが強く感じられた。
これは被災地の方々への応援メッセージなのだと思われた。

問題は第二部で始まった。
なんと、フジコさんがあの大曲を演奏されたのである。
「ピアノは一台でオーケストラの演奏が出来る」と何かの本で読んだ記憶がある。
それが本当であったことを私は思い知らされたのである。
ステージにはフジコさんとピアノが一台・・・。
曲の後半で私は(ピアノが壊れてしまうのではないか)と心配になったほどである。
それはまるで演奏者と楽器の死闘とも思える光景であった。
もしもあのときピアノが壊れていたら楽器としては本望だったろうと思う。
凄い・・・凄過ぎる・・・。
大曲の演奏が終了したとき、ピアノは大満足な表情で輝いていた。

そしてすぐにリストの「ため息」と「ラ・カンパネラ」が演奏された。
通常では考えられない。
「ため息」の演奏からもフジコさんの気持ちが強く伝わってきた。
何と言っても圧巻だったのは、私が今まで聴いて来たフジコさんの「ラ・カンパネラ」の中で最高に美しく、優しく、そして力強い演奏である。
アンコール曲として「別れの曲」が奏でられた。

フジコさんは以前に出演されたテレビ番組で「音楽は自然よりも美しい」と仰ったことがある。

この度の「東日本大震災」は自然の力である。
ならば私たちは「音楽の力」で復興が為されていくことを願う。

今回のフジコさんの演奏を聴いて理解が出来たことがある。
フジコ・ヘミングは芸術家である。
芸術の力は果てしないエネルギーである。

私はフジコ・ファンの一人として、そのことを誇りに思う。

あの日以降のフジコさんの演奏を聴かれていない方は、まだ入手が出来る公演のチケットを求められることをオススメします。

  〜 フジコ・ヘミングを語るファンのホーム たかし 〜
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


374● Re:6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜[ としこ ] 2011 06/14 20:10
たかしさん こんばんは
よくこちらのホームページを拝見させていただいています
私は八王子の次の神戸公演に行ってきました
雨の日のコンサート
なんだかしんみりしてしまいました
アンコールの「別れの曲」の後 観客席は大きな拍手の前に一瞬の沈黙がありました
いつまでも余韻が残っています
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


375● Re[2]:6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜[ たかし ] 2011 06/14 21:33
としこさん、皆さん、こんばんは。
たかしです。

神戸公演は15:00からの開演でしたね。
雨の日のコンサートも印象深いものが有ったことと思います。

実は八王子公演もホールの中は雨模様でした・・・。
私の座席の右斜め前に座っておられた若い女性は、開演直後の一曲目から両手でハンカチを持って鼻にあてておられました。
最初は花粉症なのかと思いましたが、もうその時期は過ぎているだろうと思います。
後ろから見ていたので良く分かりませんが、溢れ出る涙を拭いておられたようです。
その女性は最後の「別れの曲」までずっとハンカチを両手で持って鼻にあてたままでした。
そして私の座席の左側に座っておられた二人連れの女性は、開演前に「今日は初めての生フジコ!すごいなぁ。どうなるのかなぁ・・・」と会話をしておられました。
「プログラムを見ても知らない曲ばかりで分からない」とも話しておられました。
これは私が立ち聞きをしていた分けでもなく、座っているときに聞こえて来た会話です。
そして第二部の途中から、左側の女性は号泣をされていたのです。
幾ら指で拭っても抑え切れない涙が、後から後から頬に流れ落ちていたようです。
最後には雨音まで聞こえて来るような泣き方をされていました。
私の周りがこのような状況でしたから、会場内のあちらこちらでも同様の光景だったろうと思います。

八王子の会場ではフジコさんの演奏が終わった時、スタンディングオベーションをされている方が大変に多かったです。
フジコさんは微笑みながらその方々に手を振っておられました。

フジコさんは、余韻を大変に重んじる演奏をされていると思います。
としこさんの余韻がいつまでも続きますように・・・。

としこさん、書き込みをどうもありがとうございました。

  〜 たかし 〜
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


376● Re[3]:6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜[ 櫻 ] 2011 06/15 17:04
はじめまして。神戸在住の櫻と申します。
フジコさんのコンサートは4年前に一度行ってから、また行きたいとチャンスを狙ってました。
今回チャリティーコンサートということで、フジコさんの演奏を聴きにいけてさらにチャリティーになるのならと思い、クラシックにあまり興味の無い主人とともに神戸の会場に行ってきました。しかしそんな主人もフジコさんの演奏には心を打たれたようでした。
今お腹に子どももいるので、とっても素晴らしい胎教になったのではないかと思います。
演奏の素晴らしさにただただ顔が自然とほころんでいきました。
神戸では「くたびれてて・・・」とおっしゃっていましたが、かなりのハードスケジュールでお体が心配ですが、ただただ活躍をお祈りするばかりです。
コメントを書く(引用) | スレッド一覧


377● Re[4]:6.10〜東日本大震災チャリティコンサート〜[ たかし ] 2011 06/15 19:01
皆さん、こんばんは。
神戸の櫻さん、はじめまして。
たかしです。

私がコンサートチケットを購入したのは、櫻さんと同様に私達が演奏会に行くことが東日本大震災チャリティに参加することになると考えたからです。
私達の気持ちはフジコさんの演奏にそのまま表現されていたと思います。

当サイトは2001年5月6日に開設しています。
あれから10年が経ちました。
櫻さんの書き込みを拝見して、私は「うっちゃん」のことを思い起こさずにはいられませんでした。
「うっちゃん」は櫻さんと同じように妊婦でフジコさんのコンサートに参加されました。
お腹の中でフジコさんの演奏を聴いた「みーちゃん」が産まれました。
トップページの左側メニューの下方に「協奏曲の部屋」(公演レポート)というページが有ります。
それをクリックして2001年4月⇒2001年7月8日(日)第11回北沢音楽祭・北沢タウンホール⇒「昼の部」〜もう一人の聴衆〜をご覧頂けたらと思います。
北沢音楽祭は昼・夜二公演でした。
私とうっちゃんは昼の部と夜の部のチケットを交換したことで、その後の交流が始まりました。
10年前のうっちゃんの姿が今の櫻さんと重なります・・・。
いつかうっちゃんとみーちゃんがフジコさんのコンサートに一緒に行かれることを願っています。

櫻さん、今が大切なときですね。
優しい気持ちが一番強くなれるのだと思います。

フジコさんは八王子公演でも大曲の演奏を終えたとき「私はもうフラフラです」と仰っていました。
本当にそうだったろうと思います。
何がフジコさんをそこまでフラフラにさせるのでしょうか・・・。

フジコさんが芸術家であることと、他者を思う優しい気持ちがそうさせるのではないでしょうか。

私もかつては「暮らしっ苦・不安」でした。
クラシック音楽とは無縁で生きてきました。
でも、フジコさんがクラシック音楽の素晴らしさを教えてくれました。
あれから10年経ちました。
フジコさんの凄いところは、素晴らしい演奏を日々更新されているところです。
以前の演奏と比較しても音色は絶対に美しくなっていると思います。

ご主人にもよろしくお伝えください。

  〜 たかし 〜
コメントを書く(引用) | スレッド一覧

CGIROOM