Message Room    

新規発言 | 一覧 | 過去【Picture】 | 【Diary】 | 【past-bbs】 | 【フジ子の庭園】 | 【フジ子の庭園U】 | 【新・楽書きの木】 | 【旧・楽書きの木】 | 検索

No.358  オンシジュームの陰に・・・。
発言者: たかし
発言日: 2009 04/22 04:49
発言元: IP=proved
東京地方は本降りの雨が予想されていた。
3月の末から腰痛に悩まされていた私の心にも雨雲が漂っている。
この日のフジコさんのご衣裳は翡翠色で、真っ赤なショールとコントラストが良く映えていた。
そして後ろにはオンシジュームの黄色が・・・。
第一曲目の「月の光」では、フジコさん独特の「余韻」が私の心に深く届いた。
私が欲する間だけ余韻が心地よく続くのである。
フジコさんの演奏によるベートーヴェンの「月光」は、以前から是非聴いてみたいと思っていた曲である。
目を閉じて演奏を聴きながら、フジコさんが幼い頃に母が奏でるこの曲を聴いておられたことに思いを馳せる。
私が聴いているのはフジコさんの「月光」である。
第二部ではグレン・グールドのCDで聴いたアリアが奏でられ、私の胸には万感の思いが押し寄せてきた。
そして「パガニーニによる超絶技巧練習曲集 第6番 イ短調」でフジコ・サウンド・シャワーを全身全霊に浴びた後には、魂が青空に吸い込まれていくような「ラ・カンパネラ」・・・。
聴衆は感謝の心で大きな拍手を送り続ける。

大月礼子さんとの連弾は、私たち聴衆を存分に楽しませて頂いたと思う。
これからもお二人の連弾で様々な曲を聴かせて頂きたいと思う。
そして最後に假屋崎省吾氏がフジコさんとご一緒にステージに登場された。
私たちは心から、力いっぱいの拍手をお二方に送った。
それからフジコさんはアンコールに応えて更に二曲を演奏して下さった。
ノクターン Op.9-1とベートーヴェン「テンペスト」である。
私の心は雨に洗い流されていた。

すべての演奏が終わって聴衆が帰路に着くとき、ある方のお話が私の耳に届いてきた。

「先日亡くなった私の猫が、ステージに飾られた花の陰に見えていたの・・・。」

オンシジュームの陰でフジコさんの演奏を、沢山の猫たちが聴いていたことでしょう。
ビョンビョンもメイちゃんも、そして・・・。

フジコさんの演奏は日々、バージョンアップしている。
最新の演奏を聴くことが出来るのは私たちの喜びである。
外に出ると雨は本降りである。
私の心は晴れていた。
腰の痛みが消えない間に、人の痛みが分かるようになりたいものだと思う。

           【 完 】 

▼関連発言

357:2009.4.21 〜 雨の池袋 〜 [たかし] 04/22 02:20
 └358:オンシジュームの陰に・・・。 [たかし] 04/22 04:49
  └359:Re:オンシジュームの陰に・・・。 [はっつみぃ?] 04/29 15:44
   └360:ありがとうございます・・・。 [たかし] 04/30 07:58<-last


Pass 保存


CGIROOM